PHケアができる膣専用洗浄剤にしたらまんこの臭いが解決しました

まんこの臭いや不快感に悩んでいたことがあります。普段の洗い方が悪かったのか、下着の蒸れが起きていたのか、まんこの臭いが強くなってきていると自覚できるくらいでした。

osons

うっすらと衣類にも臭いが移っているような感じもあったので、洗浄から見直すことにしました。まんこは弱酸性で保たれているので、市販の弱酸性のボディーソープで手入れをすることにしました。

すると不快感は少し軽減されたかのように思いましたが、通常のボディーソープではいくら弱酸性でも、ツンとした感覚が残ったり、臭いがなんとなく残ってしまったり、ということがありました。

そこでまんこの臭い対策をネットで調べていくと、PHケアのできるデリケートゾーン専用の洗浄剤があったので、まんこ専用のもので洗うようになりました。

まんこの臭いにPHケアフェミニンウォッシュ

hbvhsiv

PHケアフェミニンウォッシュというまんこ専用のものです。通常の弱酸性のボディーソープだと、常在菌のバランスを調整することとまんこの潤いを残すことまでは、なかなか難しい面があります。まんこの専用洗浄剤であるPHケアフェミニンウォッシュであれば、まんこの弱酸性をバランス良くキープしてくれるので、臭いも根本的に解決できます。

PHケアフェミニンウォッシュにしてからは、この洗浄剤にはカモミールエキスも配合されているので、まんこを優しく洗い上げることができ、臭いもなくなりました。弱酸性を保てる洗浄剤なので、まんこの菌バランスが程よくなっているのだと思います。一般的にカモミールエキスは、保湿力があり抗菌に優れているとされているので、まんこをしっかり洗ってもヒリヒリすることもありません。

洗い方や、膣内洗浄剤について詳しく紹介されているサイトです。参考にしてみてください。

manko

> まんこの臭い対策2016|相談しづらいまんこの匂いの5つの原因

デリケートゾーン専用の洗浄剤やまんこ専用の洗浄器を使う

海外の女性は、まんこの臭い対策やまんこの普段の手入れには、デリケートゾーン専用の洗浄剤やまんこ専用の洗浄器を使うという話を聞いたことがあります。

実際にテレビでも見たことがあったので、外国人女性のまんこに対しての意識の高さに驚きました。まんこの臭いがなくなり、いつもさっぱりと過ごせることは、日々の生活も驚くほど変わります。臭いがなくなるので頻繁におりものシートを変える必要もなくなるし、衣類への臭いの付着の心配もなくなるからです。

まんこの臭いがなくなり潤いつつもさっぱりとした感覚になるので、パートナーに対しても、まんこに関してのいままでのようなストレスがなくなります。まんこをいつも快適にするために、臭いの強いときはポリエステルやアクリル系を避けて、綿素材にする、まんこ専用洗浄剤で洗う、まんこ専用洗浄器を使うということが大切だと思いました。

まんこと接触する部分の下着の素材と、洗浄の面、中のケアを同時にすると、より効果的です。

まんこの臭いの悩みと自分なりの簡単な改善方法について

いつもというわけではないのですが、時々生理前生理中、生理後に感じるまんこの臭いが気になっていました。
普段は臭いに気がつかないのですが、トイレに入って下着を下した時の強烈な臭いに自分でビックリするほどまんこが臭うことに気がつきました。

初潮があった時や二十代まではそうでもなかったのですが、年齢を重ねてきてその臭いの自覚症状がひどくなってきているのを感じ、毎月そのことで悩むようになりました。
その臭いは、魚のような生鮮食品が腐ったような臭いで、生理中など血が混じっているので血の臭いとともにあり、ダブルでひどいのです。

tiret

ウオシュレットなどの”ビデ”で毎回洗っていましたが、一旦は消えていましたが、しばらくしてトイレに行くと、また臭っている、という繰り返しでした。
そのうち、今までトイレに行く以外は臭いがないと思っていましたが、それさえも気になるようになり、ひょっとしたら今も臭いが周りに影響しているのではないかと思っていましたが、恥しくて聞くことができず、ましてや電車やエレベーター内にいるときに見ず知らずの隣人に聞くなどということも到底できる事ではなく、ひたすら周りを伺いながら自分の臭いに集中しているような日々でした。
かといって、その解決方法も分からず、ドラッグストアに行っても薬剤師に聞くのもはばかり、自分で薬のコーナーに行って一つ一つ調べていくようなことをしていました。

しかし、生理に関係ない日はまんこの臭いがないので、すっかり忘れている日もありましたが、生理日が近づくと気になり、精神的にも自分で追い詰めていたように思います。
臭いがしていないのに”している”と思いこんでいたのではと思うことに気がつきました。

思い切って友人に聞いてみた

それは、思い切って友人に尋ねてみたところ、臭いがない、という答えが返ってきました。本音で言ってほしいと何度も言いましたが、本当にない、との答えをもらって安心しました。
が、やはりトイレで下着を下すと間違いなくあるので、友人に相談したところ、”デリケートゾーン専用のウエットティッシュがある”との情報を得、まずはそれを使ってみることにしました。

ph

実際に使用してみると、さらっとして気持ちよく、ほんのりいい香りもするので、使用感に問題はありませんでしたし、拭くだけの簡単作業でできたので、しばらく持ち歩いて使っていました。
また、生理中でなくても気がついたときにはまんこを噴くようにしていました。
同時にウオシュレットで流すこともしていました。

すると、これまでのように臭いが気にならなくなりました。
生理中は完全になくなってはいませんが、それでも以前に比べてかなり臭いが少なくなっています。

こんな簡単な方法でできるのならもっと早くしておけばよかったと思います。

デリケートゾーンに優しいものを。

女性であれば、デリケートゾーンの臭いや痒みに関する悩みは、少なからずあると思います。わたし自身、あそこの臭いと痒みには悩まされてきました。
ウォシュレットトイレが一般的になる前は、下着や生理用品が擦れる刺激でかぶれることが多く、よく血が出るまで擦っていました。そのかぶれが化膿してしまい、臭いに繋がったりしていました。
また、女性用の下着は通気性が悪い素材でできているものが多く、あそこが蒸れていることもあります。蒸れているせいで細菌が繁殖して、臭うこともありました。

トイレで下着を下ろすと、デリケートゾーンから臭いがしている気がします。たまに、パジャマなどの薄い生地のものを履いていると、臭いが周囲に気付かれてしまうのではないかと思い、どうしようかと悩んでいました。

ジャムウ石鹸は興味はあるけど…

js
ネットでいろいろと調べてみると、同じような悩みを抱えた人がいて、その悩みを解決するための製品もたくさん出ていることがわかります。ジャムウなどのデリケートゾーン専用の石鹸は、口コミを見ていると効果があるようですね。でも、ちょっと高価でもあり、なかなか試してみることができませんでした。

何より、あそこはとってもデリケートです。使ってみて万が一、肌が荒れたらどうしようと心配になってしまいます。
出来るだけお金をかけず、出来ることはないかなと考えて、あそこを清潔に保つことを最優先に心がけて、製品を選ぶことにしました。

下着を優しいものに変えてみた

まず、下着ですが、出来るだけコットンの肌触りと吸湿性が良いものに変えました。今はコットンでも可愛いデザインのものがありますし、大人の女性でも子どもっぽくならないデザインもあります。

cte
また、生理用品は、普通のナプキンではなく布ナプキンに変えました。コットン100%の布ナプキンは、肌が敏感になる時期でもかぶれにくく、湿気もこもりません。布ナプキンに変えてから、肌にかかるストレスが減ったせいか、生理痛も軽減したように感じます。

生理日以外はパーティーライナーをつけるのも、臭い軽減にオススメです。肌が下着に直接触れないので、刺激が少なくなりますし、汚れたらライナーだけすぐに取り替えることができて、衛生的でもあります。
デリケートゾーンの臭いは、肌の状態やストレスが大きな原因になっていると思います。ストレスを取り除いていけば臭いも軽減するので、まずはデリケートゾーンに優しいものを身につけることが大事です。

誰にも言えない…まんこの臭いの改善策

まんこの悩みに関係する悩みってとてもデリケートな問題ですし、誰かに相談したりしにくいことだと思います。
私自身、まんこの臭いについて誰にも相談できず悩んでいた一人です。
インターネットで一人検索してみてもこれといった解決策は見つからず、一時は恥ずかしいのもこらえて病院に行くべきか迷ったりもしました。
しかし、さまざまなサイトを調べたり、独自の方法を用いたりして、今ではそのまんこの臭いも気になりません。
ここではその改善方法を紹介することで、少しでも私みたいな悩みを抱えた人が減ったらいいなと思っています。
では紹介する前にまず私がどんな症状に悩んでいたのかお話ししたいと思います。
私が悩んでいたのは主にまんこの臭いです。
しゃがんだ時やふとした瞬間にぷーんと臭ってくることに気づいてしまってからはそのことばかり気にしてしまうようになりました。
まんこの臭いってなんともいえない不快な臭いで、周りの人が気づいていたらと思うと気が気じゃなかったことを覚えています。

誰にも言えない…まんこの臭いの改善策

では、さっそく私が実際に行っていた改善方法を紹介したいと思います。
まず行ったのはまんこ専用の石鹸を購入することです。
ボディソープでもいいのでは…と思う方もいると思いますが、私の場合ボディソープでいくら洗っても効果は薄いように感じました。

soop
その石鹸を使うときにはたくさん泡を立て優しくまんべんなく洗い、すぐに洗い流さずそのまま3分ほどまんこに泡をつけたままにしました。
この洗い方にしてから私はだいぶ臭いが軽減されたように感じました。
まんこ専用の石鹸を買うのは面倒に感じるかもしれませんが、千円ちょっとで買えるものもあり、一番効果が期待できると思うので騙されたと思って買ってみることをオススメします。
また、まんこを洗い終わり拭くときは優しく、かつ、しっかり水気が取れるまで拭くことを心がけました。
何かのサイトで、水気が残ったままだと最近が繁殖しやすくなり臭いの原因になるとあったので、しっかり乾いてから下着をつけるというのはとても大切なことだと思います。

私が行ったのは以上のことです。
たったこれだけ?と感じる方もいると思いますが、私が実際にさまざまな方法を試してみて気づいたのは簡単なことを毎日続けていくことが臭いの改善への近道だということでした。
費用も安くすみ、誰でも行えることですのでぜひ試してみてください。

過去の私と同じ悩みを持った人が一人でも多くその悩みから解放されたらいいなと願っています。

まんこの臭い対策も敏感な部分なので、肌へのストレスはダメです。

わたしは、自分のまんこの臭いが強いのかなと思っています。

でも、こんな話は友達にも相談できないし、他人にはもっと話せません。

tomo

トイレで下着を脱ぐたびに、わたし、臭っているかもと怯えていました。お風呂に入った時にはちゃんとボディーソープをつけて洗っているし、汚しているわけでもありません。

パンティライナーは逆効果

下着にはパンティライナーをつけて、いつも清潔に保っています。

ですが、臭いは消えません。特に、わたしは生理の時に臭いが強くなることがわかりました。ナプキンや生理用の下着は、あまり通気性が良くありません。ただでさえ肌が敏感な時期なのに、ナプキンで蒸れてしまい、痒みや臭いに繋がります。

清潔にしていたいのですが、仕事などですぐにトイレに行けるわけではありません。どうしても、2時間とか3時間おきになってしまい、その間にまんこが蒸れたり、ナプキンが擦れて刺激されてしまいます。まんこの臭い対策なのか、香りつきのナプキンもありますが、臭いを別の香りで消すのは改善したことにはなりません。

洗いすぎは厳禁

ボディーソープでまんこを洗いすぎるのも、逆効果だと聞きました。石鹸の効果で、肌に必要な皮脂や細菌まで殺菌してしまうからです。では、どうしたら良いのか、困っていたときに友達がこれ良いよと勧めてくれたものがあります。

天然コットンのものを使用する

天然コットン100%の、ナプキンでした。天然コットン100%なので肌に優しく、吸湿性が良いので肌にベタっとつく嫌な感じがありません。ナプキンを取り換える際も、サラッとしています。湿った感じは少ないです。

何より、それを使い始めてから、まんこの臭いが薄くなったような気がします。少なくとも、下着を下ろしたときに、自分で不快な気分になることはなくなりました。また、洗い方も工夫してみました。

まんこはとにかく優しく洗う

ボディーソープを泡立てたら、タオルを使わずに手のひらで優しく洗います。

まんこは刺激に非常に弱い部分なので、タオルの刺激も負荷になります。手のひらや指で優しく洗っていたら、まんこの痒みもなくなりました。まんこを清潔に保つのは必須ですが、更に、ストレスを与えないというのも大切です。

下着の擦れや生理の不快感が刺激になって、ストレスがかかりやすい場所ですから、出来るだけ肌に優しい素材のものを身につけることをオススメします。コットンの下着に変えるだけで、ストレスは軽減されると思います。