デリケートゾーンに優しいものを。

女性であれば、デリケートゾーンの臭いや痒みに関する悩みは、少なからずあると思います。わたし自身、あそこの臭いと痒みには悩まされてきました。
ウォシュレットトイレが一般的になる前は、下着や生理用品が擦れる刺激でかぶれることが多く、よく血が出るまで擦っていました。そのかぶれが化膿してしまい、臭いに繋がったりしていました。
また、女性用の下着は通気性が悪い素材でできているものが多く、あそこが蒸れていることもあります。蒸れているせいで細菌が繁殖して、臭うこともありました。

トイレで下着を下ろすと、デリケートゾーンから臭いがしている気がします。たまに、パジャマなどの薄い生地のものを履いていると、臭いが周囲に気付かれてしまうのではないかと思い、どうしようかと悩んでいました。

ジャムウ石鹸は興味はあるけど…

js
ネットでいろいろと調べてみると、同じような悩みを抱えた人がいて、その悩みを解決するための製品もたくさん出ていることがわかります。ジャムウなどのデリケートゾーン専用の石鹸は、口コミを見ていると効果があるようですね。でも、ちょっと高価でもあり、なかなか試してみることができませんでした。

何より、あそこはとってもデリケートです。使ってみて万が一、肌が荒れたらどうしようと心配になってしまいます。
出来るだけお金をかけず、出来ることはないかなと考えて、あそこを清潔に保つことを最優先に心がけて、製品を選ぶことにしました。

下着を優しいものに変えてみた

まず、下着ですが、出来るだけコットンの肌触りと吸湿性が良いものに変えました。今はコットンでも可愛いデザインのものがありますし、大人の女性でも子どもっぽくならないデザインもあります。

cte
また、生理用品は、普通のナプキンではなく布ナプキンに変えました。コットン100%の布ナプキンは、肌が敏感になる時期でもかぶれにくく、湿気もこもりません。布ナプキンに変えてから、肌にかかるストレスが減ったせいか、生理痛も軽減したように感じます。

生理日以外はパーティーライナーをつけるのも、臭い軽減にオススメです。肌が下着に直接触れないので、刺激が少なくなりますし、汚れたらライナーだけすぐに取り替えることができて、衛生的でもあります。
デリケートゾーンの臭いは、肌の状態やストレスが大きな原因になっていると思います。ストレスを取り除いていけば臭いも軽減するので、まずはデリケートゾーンに優しいものを身につけることが大事です。