まんこの臭い対策も敏感な部分なので、肌へのストレスはダメです。

わたしは、自分のまんこの臭いが強いのかなと思っています。

でも、こんな話は友達にも相談できないし、他人にはもっと話せません。

tomo

トイレで下着を脱ぐたびに、わたし、臭っているかもと怯えていました。お風呂に入った時にはちゃんとボディーソープをつけて洗っているし、汚しているわけでもありません。

パンティライナーは逆効果

下着にはパンティライナーをつけて、いつも清潔に保っています。

ですが、臭いは消えません。特に、わたしは生理の時に臭いが強くなることがわかりました。ナプキンや生理用の下着は、あまり通気性が良くありません。ただでさえ肌が敏感な時期なのに、ナプキンで蒸れてしまい、痒みや臭いに繋がります。

清潔にしていたいのですが、仕事などですぐにトイレに行けるわけではありません。どうしても、2時間とか3時間おきになってしまい、その間にまんこが蒸れたり、ナプキンが擦れて刺激されてしまいます。まんこの臭い対策なのか、香りつきのナプキンもありますが、臭いを別の香りで消すのは改善したことにはなりません。

洗いすぎは厳禁

ボディーソープでまんこを洗いすぎるのも、逆効果だと聞きました。石鹸の効果で、肌に必要な皮脂や細菌まで殺菌してしまうからです。では、どうしたら良いのか、困っていたときに友達がこれ良いよと勧めてくれたものがあります。

天然コットンのものを使用する

天然コットン100%の、ナプキンでした。天然コットン100%なので肌に優しく、吸湿性が良いので肌にベタっとつく嫌な感じがありません。ナプキンを取り換える際も、サラッとしています。湿った感じは少ないです。

何より、それを使い始めてから、まんこの臭いが薄くなったような気がします。少なくとも、下着を下ろしたときに、自分で不快な気分になることはなくなりました。また、洗い方も工夫してみました。

まんこはとにかく優しく洗う

ボディーソープを泡立てたら、タオルを使わずに手のひらで優しく洗います。

まんこは刺激に非常に弱い部分なので、タオルの刺激も負荷になります。手のひらや指で優しく洗っていたら、まんこの痒みもなくなりました。まんこを清潔に保つのは必須ですが、更に、ストレスを与えないというのも大切です。

下着の擦れや生理の不快感が刺激になって、ストレスがかかりやすい場所ですから、出来るだけ肌に優しい素材のものを身につけることをオススメします。コットンの下着に変えるだけで、ストレスは軽減されると思います。